シンガポールのカジノについて

シンガポールは東南アジアに位置する国であり、日本からの人気観光スポットとしても有名です。国土が非常に狭い国であるため、数日あればシンガポールの全国土を見て回ることができます。日本から直行便で訪れることが可能で、アメリカやヨーロッパなどよりもずっと安い値段で旅行することができます。

そんなシンガポールですが、数年前のカジノ解禁により国家として大幅な増収があったことでも有名です。マリーナベイサンズに併設されたカジノは、今では観光客に大人気のスポットとなっており、日本の観光雑誌などでも特集が組まれたりしています。

このカジノだけで、国のGDPの1%を賄うといわれており、名実ともにカジノはシンガポールの主要産業となっています。国自体が小さいので売り上げそのもので見れば大したことはないのかもしれませんが、それでもすごいことには変わりありません。

ギャンブル解禁について議論がなされている日本では、このシンガポールのカジノを一つのケーススタディとしてとらえる動きがあり、シンガポールにならい、外国人誘致の戦略の一つとしてカジノ解禁を唱える人もいます。